2007年12月14日

玄米食、その後。

気がつけば、もう12月も中盤。
クリスマス飾りをもっと飾らなくては、クリスマスが来ちゃうよぉ。
試行錯誤の末、やっと壁飾りができました。こんなの。

クリスマス飾り 横幅55センチの大作です

普通の電飾の上に、和紙をふわりと掛けたもの。
和紙は、カッターで無計画にどんどん切りぬきました。
思い切りが大切なときって、ありますね・・・。

さて、玄米デビューから、だいぶ月日が経ちました。
その後、うちではどうなったか、ご報告いたします。

初め、玄米食に不安を抱いたものの、一度玄米100%を食べてみようと思って、
炊いてみました。

炊飯器に、玄米というメモリがあったので、それに合わせて水を入れ、
玄米というモードでスイッチを入れました。
しかし、いつも、お米の炊ける時間になっても、まったく炊き上がる気配なし。
しびれを切らして、炊飯器の説明書を引っ張り出してきて調べました。
すると、炊き上がり時間の目安は、2時間。
に・・・2時間とは。トホホホ。

1時間、出来上がった料理とともに、炊き上がりを待ちました。
100%玄米食は、食べてみると、やわらかくてなかなかおいしかった。
でも、いつもこんなに時間がかかるのでは、玄米100%は、うちでは無理ということが判明しました。

そこで、玄米と白米を、いつも1対2または1対3で食べることにしました。
早めに水につけておいて、白米を炊くモードで炊きます。
玄米が少し硬いけど、よく噛んで食べれば、大丈夫なレベルです。
栄養面でも、玄米100%で心配なことも、これなら大丈夫そうです。

なんでも、ちゃんと調べてから、行動に移さないと駄目ですね。
玄米の本当の炊き方は、塩を使うとか、もっといろいろありそうです。
健康食を追及するのって、大変です。。。
posted by noppo at 23:29| Comment(0) | エコ&ダイエット日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]