2012年05月17日

場違いなカフェと音楽のチカラ

今日のお昼時、ベビーカーで思惑通りうちの2歳児がすやすや眠っていたので、
「行ったことのないカフェに行ってみよう!」と思い立った。

少し坂を上がっていくと、ランチセットの案内が見えた。
入ってみようとお店に入りかけると、
黒い革張りの背の高いイスがズラリ。
カウンターには、南米風の外国人男性。
鳴り響く恋愛の国の音楽。

「あれ? ちょっと違うんじゃない?」と思ったけど、
「奥のお席どうぞ。」と言われてしまったので、
座ってみた。



地味な普段着のnoppoと、コンビの超庶民的なベビーカー。
そして、ベビーカーにかかっているのは、庶民の味方、西松屋の袋なんだけど。
ここは、どこなの?

そういえば、真ん前に結婚式場があった。
結婚間近の人がくる、みなみの島カフェなんだ!



すると、カウンターにいた外国人がテラス席に移動。
なんだ、お客さんだったの?

その後、やっぱりカウンターから女の人が席を立った。
かわいい人。
久しぶりにちょっと見とれた。
南米さんの席に座るんだー。
ほう!

カウンターに残ったのは、かなり華奢な感じのおばあさん。
常連さんかな?

そうしている間にも、noppoの頭にガンガン打ち付けるように、
テンポのいい音楽が鳴り響く。


メニューは盛りだくさんで、ハンバーグ、パスタ、サンドイッチなど。
ベーグルサンドとカフェラテを頼んだ。

待ち時間に読むのは、「人の目なんか気にしない!」という単行本。
旦那さんの本棚から、勝手に持ってきちゃったやつ。

なんだか、人の目を気にするどころが、この状況がおもしろく思えてきた。
声を出して笑いたい気分。

しかし、ウエイトレスのお姉さんは、結構普通だ。
え? でも今あなた、南米さんのご注文に対して、「え”?」って言いましたよね。
南米さんは、やっぱりスタッフさんだったんでしょうか。


最近体調を崩すことが多くて、ちょっと元気がない感じだったnoppoですが、
しばらくこのお店にいたら、元気がモリモリでてきました。

何にもしたくないな〜。
なんて思っていたのに、やりたいこといっぱーい。

すごいな。この鳴り響く音楽のチカラ。

しかし、うちの2歳児はこの音量の中で、よく寝ている。
結局、起きることはなく、今も寝ています。

カフェの新規開拓、面白かった〜!
ラベル:カフェ 場違い
posted by noppo at 14:57| Comment(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。